_  
メインメニュー
サイト内検索

トップ : 補助金・助成金情報 :  Total:27

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 10 番を表示 (全 27 枚)(1) 2 3 »



2017年度(第15回)ドコモ市民活動団体助成事業

2017年度(第15回)ドコモ市民活動団体助成事業
投稿者サポートセンター事務局サポートセンター事務局 さんの画像をもっと!    前回更新2017-3-7 14:23
ヒット数88   コメント数0    
豊かで健全な社会の実現に向けて、将来の担い手である子ども
たちの健やかな育ちを応援する活動に取り組んでいる市民活動を支援します。
◆助成対象:1 子どもの健全な育成を支援する活動
”堙亶察Δ劼こもりの子どもや保護者に対する
精神的・物理的な支援、復学・社会的自立支援
活動(フリースクール、カウンセリング 等)
∋童虐待やドメスティック・バイオレンス
(DV)、性暴力などの被害児童・生徒や社会的
養護を必要とする子どもの支援、及び虐待防止
啓発活動
H鷙圓簇蛤瓩ら子どもを守り、立ち直りを支援する活動
せ劼匹發竜鐓貊蠅鼎り(安心・安全な居場所の提供、子どもの不安や悩みに対する相談活動等)
ゾ磴い(身体障がい・発達障がい 等)のある
子どもや難病の子どもの支援活動(療育活動、
保護者のピアサポート活動 等)
Ε泪ぅ離螢謄(外国にルーツを持つ、LGBT等)
の子どもを支援する活動
地震・台風などの自然災害で被災した子どもを
支援する活動
┥綉 銑О奮阿如峪劼匹發侶鯀瓦憤蘋」を
目的とした活動

2 経済的困難を抱える子どもを支援する活動
ヽ惱支援活動
 放課後学習サポート、訪問学習支援、学習能力
に合わせた個別ケア 等
∪験荵抉膤萋
子育てサロン、子ども食堂、ひとり親家庭料理
教室、フードバンク、居場所の提供 等
就労支援活動
職業体験、社会的養護退所者の就労支援 等
上記 銑0奮阿如峽从囘困難を抱える子どもの
支援」を目的とした活動
◆助成金額:1.子どもの健全な育成を支援する活動
1団体あたり上限額100万円(助成総額2500万円)
2.経済的困難を抱える子どもを支援する活動
1団体あたり上限額100万円(助成総額1000万円)
◆対象期間:2017年9月1日(金)〜2018年8月31日(金)
◆応募締切:3月31日(金)必着
◆問合せ先:NPO法人モバイル・コミュニケーション・
ファンド(MCF)事務局
〒100-6150 東京都千代田区永田町2-11-1
山王パークタワー41F
TEL:03-3509-7651(平日10時〜18時)
E-mail:info@mcfund.or.jp
http://www.mcfund.or.jp/

殺処分ゼロ・チャレンジ推進助成

殺処分ゼロ・チャレンジ推進助成
投稿者サポートセンター事務局サポートセンター事務局 さんの画像をもっと!    前回更新2017-3-7 14:23
ヒット数85   コメント数0    
日本の犬猫殺処分ゼロを実現するため、全国各地で取り組まれて
いる様々なチャレンジを応援します。
◆対象団体:民間非営利団体(財団法人、社団法人、NPO 法人
(特定非営利活動法人)、任意団体であるボランティア
団体などを含む)であり、日本国内で活動している団体。活動年数は問いません。

◆対象事業:犬猫の殺処分ゼロの実現を目指す普及啓発、人材育成、
引き取り、譲渡等の取り組みであって、次の視点を加味して総合的に判断します。
(1)新しい発想の取り組みや先進的な取り組みであるか
(2)殺処分ゼロに向けて成果が見込める取り組みである
か。
(3)継続的な取り組みにつながるか
(4)HPでの活動の紹介など広報活動にも努めているか
次の事業には助成は行いません
・営利を目的としている事業
・特定の利害関係者のみを対象とした事業
・特定の宗教の布教を目的とした事業
・特定の政党を支援することを目的とした事業
◆助成金額:300万円まで
◆応募締切:2017年3月15日(必着)
◆対象期間:2017年5月1日から2018年4月31日 ◆問合せ先:認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン
チャレンジ助成事務局
〒720-1622 広島県神石郡神石高原町近田1161-2 TEL:0847-89-0885
http://peace-wanko.jp/news/206

日本の伝統文化の維持・向上への助成

日本の伝統文化の維持・向上への助成
投稿者サポートセンター事務局サポートセンター事務局 さんの画像をもっと!    前回更新2017-3-7 14:22
ヒット数77   コメント数0    
伝統工芸技術、伝統芸能、民俗芸能及び行事など、日本の無形の
文化財の記録や研究、保存・伝承活動において、有効な成果が期待
できる事業に対し補助的な援助を行います。
◆申請資格:仝朕諭団体のいずれも申請することができます。
(但し、一個人、一団体につき一件の申請に限ります)
団体の場合、法人格の有無は問いません。
(但し、永続性のある活動団体である事を
原則とします。
◆対象期間:平成29年4月から平成30年3月
◆助成金額:1件あたり、30万円〜200万円程度
◆応募締切:平成29年3月31日(金)まで
◆問合せ先:公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団 助成事業担当
〒141-0031東京都品川区西五反田2-2-10
ポーラ第2五反田ビル
TEL:03-3494-7653
E-Mail info@polaculture.or.jp
(10:00〜17:00 ※土・日・祝祭日除く)
http://www.polaculture.or.jp/

第16回トム・ソーヤースクール企画コンテスト

第16回トム・ソーヤースクール企画コンテスト
投稿者サポートセンター事務局サポートセンター事務局 さんの画像をもっと!    前回更新2017-3-7 14:22
ヒット数74   コメント数0    
小・中学生が10人以上参加する、子どもたちの創造力や
チャレンジ精神を育む、独創性に富んだ自然体験活動を募集し、優れた企画の実施を支援します。(ジャンル不問)
◆助成対象:(1)学校部門:小学校、中学校。小中学校の委託
または協力を得て当該活動を主催する団体
(2)一般部門:定款・規約等があり、組織として
活動している団体
◆対象期間:2017年3月1日〜10月23日
◆応募締切:2017年5月17日(水)まで<消印有効>
◆助成金額:1件あたりの上限額:10万円
◆問合せ先:公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団
「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」係
担当:荒金・土師(ハジ)
〒563-0041 大阪府池田市満寿美町8-25
TEL:072-752-4335 
FAX:072-752-1288
E-MAIL:zaidan@shizen-taiken.com
http://www.shizen-taiken.com/

2017年度 アジア留学生インターン受入れ助成プログラム

2017年度 アジア留学生インターン受入れ助成プログラム
投稿者サポートセンター事務局サポートセンター事務局 さんの画像をもっと!    前回更新2017-3-7 14:21
ヒット数68   コメント数0    
アジアからの留学生(大学生・大学院生)をインターンとして受入れ、体験学習の機会を提供する日本の市民組織(NGO/NPO)その他民間非営利組織の事業を助成します。
◆対象団体:(1)社会開発等の公益活動に従事する国内の民間非営利
組織であること。
(2)インターンを受入れ、指導する体制をつくることが
できること。
(3)団体としての活動実績が3年以上あること。
(4)(連続あるいは通算)3年以上、本「アジア留学生
インターン受入れ助成プログラム」から助成を
受けていないこと。
◆対象事業:基金は、アジアの開発途上国(DAC援助受取国)
から日本に留学し、日本の大学に在籍する留学生
(正規の大学生・大学院生)を対象に、NPO/NGO等の民間非営利組織が実施する社会開発事業等におけるインターンシップ・プログラムを対象とします。
◆対象期間:2017年8月1日から2017年3月31日まで
(インターンの助成対象日数は、15日〜40日)
◆助成金額:1件当たり25〜45万円程度
◆応募締切: 2017年6月9日(金)必着
◆問合せ先:公益信託アジア・コミュニティ・トラスト事務局
担当:アンガラ
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13
アジア文化会館1階 ACC21内
TEL: 03-3945-2615
FAX: 03-3945-2692
E-mail:asip-act@acc21.org
http://act-trust.org

タカラ・ハーモニストファンド助成事業

タカラ・ハーモニストファンド助成事業
投稿者サポートセンター事務局サポートセンター事務局 さんの画像をもっと!    前回更新2017-3-7 14:20
ヒット数65   コメント数0    
以下の(1)〜(3)の内容に関する実践的な活動・研究に対して、
助成を行います。
(1) 日本国内の森林、木竹等の緑を保護、育成するための活動または研究。
(2) 日本国内の海、湖沼、河川等の水辺の良好な自然環境を整備するための活動または研究。
(3) 日本国内の緑と水に恵まれた良好な自然環境の保全および創出に資するための活動または研究。
◆助成対象:(1)具体的に着手の段階にある研究・活動。
(2)営利を目的としない研究・活動。
(3)研究・活動主体の資格は問わないが、次の条件を
満たすもの。
仝朕佑両豺
助成金の使途が助成の目的に沿って適確であり、
当該事業に係わる施設の利用や助成金の使途等の面で本人あるいは親族など特別な関係のある者に特別の利益を与えない者。
任意の団体の場合
助成金の使途が助成の目的に沿って適確であり、代表者または管理者の定めのある団体で、役員
その他機関の構成、選任方法、その他事業の運営に重要な事項が、特定の者、あるいは特別の
関係者等の意志に従わずに、運営されている
団体。また、特定の者等に特別の利益を与えて
いない団体。
※より多くの研究・活動に幅広く助成するため、過去にタカラ・ハ―モニストファンドの助成を
受けていない応募者(個人・団体)を優先する。
◆助成金額:(1)平成29年度の助成金総額は、合わせて500万円程度
とし、助成件数は10件程度とする。
(2)助成期間は、原則として助成金贈呈日より1年間と
するが、助成金を2年間にわたって利用することも
認める。
◆応募締切:平成29年3月末日必着
◆問合せ先:みずほ信託銀行株式会社 京都支店 営業第2課
公益信託タカラ・ハーモニストファンド事務局
担当:森下、古儀
〒600-8008 京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町
20
TEL:075-211-6231
FAX:075-212-4915
https://www.takarashuzo.co.jp/environment/

自立援助ホーム支援助成

自立援助ホーム支援助成
投稿者サポートセンター事務局サポートセンター事務局 さんの画像をもっと!    前回更新2017-3-7 14:19
ヒット数57   コメント数0    
自立援助ホームでの青少年の自立を支えていく活動に対し
助成します。
◆助成対象:全国で事業を進めておられる児童福祉法に定める児童自立生活援助事業として運営される「自立
援助ホーム」(たfo.php?uid=2'>
い后<br />◆対象団体:〇抉膓睇門<br />国内のある一定の地域に福祉活動の拠点を設け、<br />この支援金で活動の輪を広げたいというグルー<br />プ。<br />▲螢汽ぅルパソコン部門<br />パソコンを利用して地域で活発な福祉活動に取<br />り組んでおり、台数を増やすことで、より高齢者<br />や障害者に役立ち、活動の充実を図れるグルー<br />yalbum/images/submitter.gifサポートセンター事務局サポートセンター事務局 さんの画像をもっと!    前回更新2017-3-7 14:19
ヒット数51   コメント数0    
地域に根ざした福祉活動を展開しているグループが、活動の幅を広げるための支援をします。
◆対象団体:〇抉膓睇門
国内のある一定の地域に福祉活動の拠点を設け、
この支援金で活動の輪を広げたいというグルー
プ。
▲螢汽ぅルパソコン部門
パソコンを利用して地域で活発な福祉活動に取
り組んでおり、台数を増やすことで、より高齢者
や障害者に役立ち、活動の充実を図れるグルー
プ。
E貽本大震災復興支援部門
・東日本大震災の被災地に活動拠点があり、その地域で福祉活動をすすめているグループ。
・支援金で被災地に必要な新たな事業を展開した
い、と考えているグループ。
◆助成金額:支援金部門…1グループにつき最高100万円
リサイクルパソコン部門…1グループにつき3台
まで
東日本大震災復興支援部門…1グループにつき
最高100万円
◆応募締切:3月31日(金曜日)必着(郵送のみ受付)
◆問合せ先:NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1
TEL:03-3476-5955
E-MAIL: info@npwo.or.jp
https://www.npwo.or.jp/info/2791

地域活動団体への助成「生活学校助成」

地域活動団体への助成「生活学校助成」高ヒット
投稿者サポートセンター事務局サポートセンター事務局 さんの画像をもっと!    前回更新2017-2-2 12:04
ヒット数213   コメント数0    
「生活学校」の趣旨に賛同し、参加を希望する団体の募集を行い、
当協会から活動経費の助成を行います。
◆対象となる活動
近所の一人暮らしのお年寄りや子どもたちの見守り、ごみの収集や資源リサイクル活動など、身近な地域や暮らしの問題に取り組む
グループの皆さま、生活学校に参加してみませんか。
生活学校としてご参加いただいた地域活動団体には、当協会から、活動経費の助成や、地域づくり情報誌「まちむら」の提供をいたします。

◆対象となる団体:
(ゝ擇哭△乏催する団体)
/閥瓩蔽楼茲篳襪蕕靴硫歛蟆魴茲房茲蠢箸狠楼莖萋庵賃
∩換颪寮験莖惺擦連携して行う全国運動に参加する意向のある団体
◆助成金額:6万円(初年度3万円、2年目3万円)
◆応募締切:2017年3月31日(金)必着
◆問合せ先:
公益財団法人あしたの日本を創る協会 生活学校担当
〒106−0031 東京都港区西麻布3-24-20 
交通安全教育センタービル4階
TEL03-5772-7201  
FAX03-5772-7202  
E-mail:ashita@ashita.or.jp
https://www.ashita.or.jp/sg2.htm

南相馬市社会福祉協議会 福祉活動助成金

南相馬市社会福祉協議会 福祉活動助成金高ヒット
投稿者サポートセンター事務局サポートセンター事務局 さんの画像をもっと!    前回更新2017-2-2 12:00
ヒット数221   コメント数0    
南相馬市社会福祉協議会では、南相馬市において地域福祉活動や地域貢献活動をしている事業に対して助成金を交付し、活動を応援します。
◆助成対象:
・地域福祉活動団体が取り組む自主事業
・地域貢献活動団体(ボランティア団体)が取り
組む自主事業
・高齢者や障がい者との訪問・交流事業
・高齢者や障がい者の社会参加を促す事業
・子どもの健全育成を図る事業
・子育て支援事業
・地域教育を推進する事業
・地域の福祉の向上を目的とした。講座・研修会・
講演会等の事業
・被災地の復興・復興を目的とした団体のボ
ランティア事業
◆助成が受けられる団体:
・ボランティア連絡協議会
・ボランティア活動を行う団体等(任意団体を含む)
・NPO法人
・行政区における代表者等
・その他、福祉基金管理運営委員会が認めたもの
◆助成金額
●《単発事業》
南相馬市において地域福祉活動や地域貢献活
動をしている団体(年2回まで可)
(補助金額:上限10万円、総事業費の2/3)
●《通年事業》
南相馬市において地域福祉活動や地域貢献活動
をしている団体
(補助金額:年間最高40万円、総事業費の2/3)
●《ボランティア活動》
南相馬市において被災地域ボランティア活動
をしている団体やNPO法人
(補助金額:最高100万円)
◆事業実施期間:当該年度中に実施する事業とする。
◆応募期間:随時(事業実施1ヶ月前までに申請)
◆問合せ先:
南相馬市社会福祉協議会 総務課
〒975-0011
福島県南相馬市原町区小川町322-1
TEL:0244-24-3415 http://m-somashakyo.jp/

1 番〜 10 番を表示 (全 27 枚)(1) 2 3 »